急性胃腸炎を予防するポイントについて

急性胃腸炎とは、嘔吐、下痢、発熱、などの消化器症状を起こす症候群の総称です。発生原因としては、大部分はウイルスですが、時に細菌の感染による胃腸炎が見られます。例えば食中毒では、古い惣菜や、加熱不十分な肉や海産物などの摂取で起きることがあります。食べ物だけでなく、海外などでは不衛生な水や、ペットなどからもうつる事も有ります。集団的に食中毒などが起こった場合には、使われた食材や衛生環境なども同時に調べ上げる必要があります。

急性胃腸炎になるとき、多少胃が痛いくらいではお医者さんに行っても胃腸薬を処方されるか、薬を進められない場合もあります。なぜなら薬を与えても根本的な改善には結びつかない場合があるからです。根本的な急性胃腸炎の予防は、その原因を明確にすることが大切です。では、急性胃腸炎の原因はなんなのか?下に、暴飲暴食、生活の乱れ、ストレス、ピロリ菌などを紹介しますので、日常生活にこれらのポイントから急性胃腸炎の予防に注意しましょう。

1.暴飲暴食にご注意

現代人は食事が欧米化していて脂っこい食べ物を食べたり香辛料のきつい味の濃い食べ物を食べるようになっています。こういった食べ物を食べすぎると胃の排出力が弱まってしまって胃腸炎になる可能性があるのです。ですから食事からの急性胃腸炎の予防としては食事を和食中心に変えて薄味を心がけることになります。

2.生活習慣の改善

現代人は昔に比べて睡眠時間が減っています。また、仕事などで不規則な生活になる人もいるでしょう。すると、体の免疫力が衰えていって内臓の悪玉菌に対しての抵抗力が弱まって胃腸炎を発症することになるのです。生活の乱れからの急性胃腸炎予防法としては睡眠をよくとり、規則正しい生活をすることです。

3.ストレスによる急性胃腸炎

これも現代人が抱える問題です。管理されたなかで生活することによって、なかなかストレスから逃れられない世の中になっています。ストレスの多い生活の場合は、血流障害や粘膜障害になりやすく、急性胃腸炎になってしまうのです。ですからこまめにストレスを排出することが大切です。

4.ピロリ菌による急性胃腸炎

国民の約半数が感染しているといわれています。これに感染して急性胃腸炎になる人が実はとても多いんです。これを改善するにはピロリ菌感染症のための抗菌薬の服用がベストですが、予防としてはピロリ菌に対して効果が高いといわれるLG21乳酸菌が含まれるヨーグルトの摂取が望ましいでしょう。

このように、急性胃腸炎というのは日ごろの生活を見直すことが、根本的な改善には大切になります。

急性胃腸炎の多くがウイルス性の胃腸炎です。例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。こちらは急性胃腸炎の感染経路,急性胃腸炎の原因,急性胃腸炎の治療など情報ご紹介いたします。