急性胃腸炎の種類の紹介

急性胃腸炎になると、嘔吐や下痢などの強い症状がでます。急性胃腸炎は、ウイルスや細菌の感染で病気になり、いわゆる感染性胃腸炎が多いです。その中に、細菌による急性胃腸炎の中でも、病原体に汚染された食べ物が原因としての食中毒はありますが、感染性胃腸炎ではウイルスによるものが圧倒的に多いといわれています。そして、胃炎と腸炎両方の症状を持つものだけでなく、腸炎だけの症状も「胃腸炎」と呼ばれることになります。急性胃腸炎の中には、感染性胃腸炎と非感染性胃腸炎の2タイプがあります。下にそれぞれの原因と症状について紹介致します。

1.感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌の感染が原因になって吐き気や嘔吐、下痢・腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気です。吐き気や嘔吐、下痢・腹痛などの急性胃腸炎症状が表れます。下痢は水様便などで時に血便を呈することもあります。この際特に注意しなければならないのは脱水症状です。下痢や嘔吐による水分喪失に加え、飲水が出来ず、また発熱による不感蒸泄の増加もあり、脱水は要注意です。特に老人や幼児の場合、自覚症状が出にくいこともあり、全身倦怠感の訴えやぐったりした時などは、脱水を考え早目に医療機関を受診することをおすすめします。また感染症の特徴としての発熱が見られることもあります。一般にウイルス性に比べて細菌性のものの方が症状は重篤です。またウイルス性のものでは上気道炎症状を伴うこともあります。

2.非感染性胃腸炎

非感染性腸炎とは、薬物やアレルギー物質・寝冷えや暴飲暴食が原因で下痢などの症状を起こす病気を指します。下痢・嘔吐・腹痛・発熱などの症状を伴います。卵や牛乳、抗生物質やステロイドなどが原因で発症します。原因となる食べ物や薬物を使用しないように気をつけます。また、下痢が激しい場合は脱水症状にならないよう、適度な水分補給が必要です。非感染性腸炎には、アレルギー性腸炎や薬剤性腸炎、虚血性腸炎などがあります。アレルギー性腸炎では、下痢や嘔吐、腹痛などが主な症状で蕁麻疹やぜんそく血圧低下などが見られる場合もあります。薬剤性腸炎では、抗生物質などによる腸内細菌の変化によって下痢や下血などが起こります。虚血性腸炎では、突然に腹痛の症状が起こり、鮮血の混じった下痢が特徴です。

急性胃腸炎の多くがウイルス性の胃腸炎です。例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。こちらは急性胃腸炎の感染経路,急性胃腸炎の原因,急性胃腸炎の治療など情報ご紹介いたします。