急性胃腸炎の感染経路、どんな場合で急性胃腸炎を誘発しやすいか?

急性胃腸炎とは

急性胃腸炎とは主に細菌やウイルス、またストレスで起こる感染症です。通常、急性胃腸炎が起こる場合、腹痛、また激しい下痢や嘔吐などの症状を伴っています。具体的な原因によって急性胃腸炎は感染性胃腸炎とストレス性胃腸炎という二つの種類に分かれています。感染性胃腸炎を引き起こす細菌はおもに腸炎ビブリオ、サルモネラ、カンピロバクター、O-157などがあり、また代表的なウイルスはノロウイルス、ロタウイル、アデノウイルスがあります。その中でロタウイルス、アデノウイルスによる胃腸炎は、乳幼児によく見られます。

急性胃腸炎の症状

急性胃腸炎の潜伏期間は病原体により異なりますが、一般的に1~3日程度です。急性胃腸炎の症状について、腹痛、激しい下痢、水のような下痢、発熱、倦怠感、吐き気、嘔吐、胃痛、胸焼けなどの症状がよく現れてくることができます。

詳しく言えば、ノロウイルスによる胃腸炎では、主な症状は吐き気、おう吐、下痢、発熱、腹痛であり、小児ではおう吐、成人では下痢が多いです。有症期間は平均24~48時間です。ロタウイルスによる胃腸炎では、おう吐、下痢、発熱がみられ、乳児ではけいれんを起こすこともあります。有症期間は平均5~6日です。感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。

急性胃腸炎の感染経路

急性胃腸炎の主な感染経路はロタウイルス・ノロウイルス共に人から人への経口感染です。経口感染とは、ウイルスが口から入り感染することです。感染した人がの便や吐瀉物に触れた手指を介して菌やウイルスが口に入って感染する他には、保菌者の口をつけた物を食べたり飲んだり、使用された容器などからも感染します。

ほかには、ウイルス性胃腸炎の感染経路として、一番多いのが「接触感染」です。菌が皮膚に触れたり粘膜が付着する直接的な場合と、タオルやドアノブなどに間接的に触れて感染する場合があります。それで、トイレから出たときは、きちんと手を洗うことが必要ですが、注意してください。更に保菌者の咳やくしゃみや会話中などによって病原菌が飛んで感染することもあります。これは飛沫感染です。

急性胃腸炎の多くがウイルス性の胃腸炎です。例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。こちらは急性胃腸炎の感染経路,急性胃腸炎の原因,急性胃腸炎の治療など情報ご紹介いたします。