急性胃腸炎の基礎知識

・急性胃腸炎とは・
急性胃腸炎とは急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。殆どは感染性胃腸炎で、中でもウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。また、急性胃腸炎の多くは感染性胃腸炎で、その原因はウイルスと細菌によるものだと言われています。細菌による急性胃腸炎の中でも、病原体に汚染された食べ物が原因であれば食中毒となりますが、感染性胃腸炎ではウイルスによるものが圧倒的に多いとされています。しかし一方で、原因が不明な急性胃腸炎が起こることも少なくはありません。

・急性胃腸炎はどんな病気?・
突然の下痢や嘔吐、腹痛などの症状が起こる病気で、一過性のものを言います。一般に嘔吐は胃炎、下痢は腸炎の症状です。主にウイルスや細菌が胃や腸へ感染するが原因だそうですが、感染以外にも刺激の強い食事や、食べすぎ飲みすぎなどによって起こったり、鎮痛剤や抗生物質などの副作用、日常のストレスも急性胃腸炎の引き金となると言われています。急性胃腸炎は、食品などの原因や感染経路がはっきりしている場合もあり、海外旅行などで旅先の食べ物や飲み水が原因だったり、ペットから感染することもあります。一方で、原因が分からないことも多くあります。原因が分からないのであれば予防できないのではないかと心配になります。

・急性胃腸炎の感染経路・
急性胃腸炎の多くがウイルス性の胃腸炎です。カキなどの二枚貝・生魚・肉類・鶏卵などの飲食物や調理者の手などを介した感染や、汚物の処理による感染などもあります。また細菌が引き起こす食中毒による急性胃腸炎では、古い惣菜や、加熱が不十分な肉や海産物などの摂取で起きることがあります。食べ物だけでなく、海外などでは不衛生な水や、ペットなどからもうつる事もあるそうです。集団的に食中毒などが起こった場合には、使われた食材や衛生環境なども同時に調べなくてはならなくなります。

・急性胃腸炎の治療・
治療法は、ウイルス・細菌・原虫の各項目を参考にしてください。細菌性の場合は、ニューキノロンなどの抗生物質が用いられます。コレラのように脱水が強い場合は、輸液が重要です。ウイルス性の場合は、体内の電解質の保持のため、輸液を行う場合があります。腸管内の正常細菌叢を保つため、生菌製剤の併用がすすめられます。

・ストレス急性胃腸炎の原因・
人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため胃粘膜が荒れてしまいます。そのため、普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしてしまうのです。また、ストレスにさらされると体の免疫力が低下するのも胃腸炎になりやすい原因となります。免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物と感知し、攻撃・排除する事を言います。この機能が低下するという事は、それだけ細菌やウイルスを侵入、増殖させやすい体になってしまうというわけです。さらに、感染性胃腸炎の場合は原因となるウイルスや細菌が体外から排出されると胃腸の症状はなくなりますが、ストレス性胃腸炎の場合はストレスがなくならない限り、薬を飲んでも症状が治まりません。

・感染の予防について・
1.手洗い・うがいを励行する。
感染予防の基本は「手洗い」と「うがい」です。特に調理前、食前、トイレの後や下痢をしている乳幼児や高齢者の世話をした後及びおう吐物の処理後などは、石けんと流水で手指をよく洗いましょう。
2.食品は十分に加熱する
胃腸炎の原因物質ノロウィルスは比較的熱に弱いため、食品の中心まで十分、熱を通すようにしましょう。
3.調理器具等を清潔に保つ
調理器具を介して二次感染する可能性もあるため、まな板、包丁、ふきんなどはよく洗い、熱湯や塩素系漂白剤で殺菌しましょう。
4.汚物は衛生的に処理する
おう吐、下痢などの症状のある者の吐物、便を処理するときにはこれらに直接触れないようにするとともに、処理後は手指をよく洗うなど衛生的に処理しましょう。また衣類が汚物で汚れた場合には、他の衣類と区別して洗濯するとともに、煮沸した後、天日乾燥しましょう。
5.入浴
下痢をしている人は、一番最後に入るようにしてください。症状のある方は乳幼児やお年寄りと一緒に入らないようにしてください。

健康コナー

■女性用のこちらもおすすめ

ラブグラ・女性用バイアグラ

アイピル・緊急避妊薬

■男性用のこちらもおすすめ

シアリス・最新ED治療薬

タダポックス・大人気早漏防止薬

GOODMAN・ペニス増大薬

急性胃腸炎の多くがウイルス性の胃腸炎です。例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。こちらは急性胃腸炎の感染経路,急性胃腸炎の原因,急性胃腸炎の治療など情報ご紹介いたします。